発展目覚ましいGPS関連技術。どんなことに使われているのでしょうか?

GPSによる位置情報を利用したプログラムとは?

GPS(Global Positioning System)は、アメリカ合衆国が運用する衛星測位システムです。もともとは軍事用として開発されていましたが、民生用途でも使えるように開放されています。
30個ほどのGPS用人工衛星が打ち上げられており、そこから出ている信号を受けとったのち、種々の計算を行うことで、信号を受信した端末の現在位置を特定することができます。

GPSは近年、様々なプログラム、スマートフォンのアプリ等に使用されています。その例を見てみましょう。


・地図アプリ・カーナビゲーション
使用目的のうち、もっともオーソドックスなものです。
自分の現在位置を特定し、目的地までのルートを案内してくれます。

・Web検索エンジン
Google等のWeb検索エンジンでは、近年飲食店などで検索すると、現在位置を自動的に取り込み、近隣の店舗を案内してくれる機能を備えています。

・端末位置補足・見守りアプリ
スマートフォンをなくしたとき、「iPhoneを探す」「スマートフォンを探す」の機能を使ったことはありませんか?
これもGPSによるものです。
また、家族、身内でGPS位置情報を共有し、現在位置がわかるようにするアプリもあります。お子さんやご老人が、意図しない場所へ行ってしまわないよう見守ることが可能です。

・ゲーム
Pokemon GO、Ingressといったものに代表される、GPSの位置情報を利用したゲームもあります。現実のランドマークと、ゲーム上の拠点、アイテムの位置を一致させることで、実際に移動してゲーム内アイテムの収集を楽しむことができます。

・移動ルートの記録
近年では腕時計にGPS機能が仕込まれているものも多く、その日の移動量、ランニングルートの記録などに使用されています。スマホアプリで管理できることが多いようです。また、登山の際のルート確認も使用目的の一つです。地図と磁石で確認していた頃より、大幅に安全性を向上させました。


上記に挙げたのはほんの身近な例ですが、船舶、航空、土木など様々な分野で、安全や効率化のためもはや欠かすことはできないものとなっています。GPS技術はすっかり生活に浸透してその支えとなっており、今後も使用が拡大していくでしょう。